啓発コミュニケーション

犬を散歩している人たちと会うと必ず挨拶して、会話をします。
ワンちゃんを撫でながら。
いろんな話、名前、年齢、迷子札、そんな話をします。
相手の反応を見ながら、ワンちゃんがいると赤の他人でも笑顔で会話が出来ます。
保健所から迎えた人、ペットショップで買った人、いろんな人がいます。
迷子札の事はしっかり伝えますが、他の事は相手に合わせて話したり、話さなかったりの啓発です。
でも、100%、散歩してる人に会ったら必ずこうやってコミュニケーションを取っています。
啓発の意味は小さいかも知れませんが自分は多くの事を飼い主さんとのコミュニケーションで得る事が出来ます。