· 

被災ペット預かり施設

熊本地震の際熊本ではいくつかの被災ペットの一時預かりが行われました。
獣医師会、自治体、民間愛護団体。
大分の獣医師会による預かり施設は良い環境ではあったが、距離的問題は課題として残った。
動物病院の同行避難支援。
民間団体による預かり。

でも、中にはノーリードで犬を放す飼い主を指導しなかった団体があった。

HUGではわんにゃんハウスを開設する前に飼い主さんたちを集めてこう話した。

「しっかりとサポートします。だからみなさんも力貸してください。マナーを守り、他者へ配慮しましょう。」

「そうしなければ次に災害が起きた時にペット連れの人たち支援する人いなくなります。」

わんにゃんハウスでは獣医師さんを呼んで健康管理教室をしたり、しつけ教室、マナー向上の啓発をやっていました。

被災ペット預かり施設での啓発は必須事項です。

わんにゃんハウスの飼い主さんは仮設へ移る時に、仮設でのペット問題が起きない様にする為に自ら「飼い主の会」を作りました。