言葉

HUGには汚い言葉は使ってはダメってルールがあります。

動物愛護のSNSでは虐待や無責任な飼育放棄の記事を投稿すると「同じ目に合わせてやる」「死ね」「地獄に落ちろ」
そんなコメントが入ります。

気持ちはわからないでもないし、虐待事件等では自分もそんな気持ちになって怒りに震える時も確かにあります。

だけど、それを「言葉」にする事、SNSで「文字」にする事はやっちゃいけないんです。

何故?

理由は簡単です。

私たちは大人で、子供たちに優しさや愛を教える事が動物たちの幸せにはとても大切だからです。

SNSにそんな汚い言葉を書き連ねる大人たちに子供たちへ本物の優しさや愛を教える事など出来ません。