· 

啓発と悲しむ命ゼロ

もしかしたら殺処分ゼロだけを実現するのであれば「啓発活動」は必要ないのかもしれません。

処分対象の犬と猫たちを保護してシェルターに収容し続ければゼロは達成出来るのですから。

現実的ではありませんが、譲渡が保護に追いつけばそのやり方でゼロは維持出来るでしょう。

たとえ、飼い主やこれから飼い主になろうとする人々の意識が変わらなくて、相変わらず安易な飼育放棄や、当然予想されるはずの多頭崩壊などが防げなくともゼロは実現出来るでしょう。

でも、センターに収容される犬、適正な飼育をされていない飼い猫、まるでコンビニで商品を買うように簡単にペットをペットショップで購入する人々。

そんな動物や人間を無くし、悲しむ命ゼロを目指すのであれば「啓発」や「教育」は必須です。

人間の命に対する意識の低さが作り出す多くの悲しむ命たち。

意識を変えるには「啓発」が必要で、法改正の後押しをする為にも「数」が必要であり、その「数」も「啓発」によって増えるのです。

「啓発なんかやってる時間があれば目の前の犬や猫を一頭でもレスキューしろ」

そんな言葉が動物愛護の世界の中で発せられているうちは「悲しむ命」はいつまで経ってもなくならないでしょう。

また、そんな言葉は動物たちの為の活動ではなく、自己満足の為の活動であると断言します。

「啓発」「教育」それは悲しむ命を無くす為の大きな柱となる活動です。