· 

HUGが反対する事

HUGは悲しむ命がない世界を目指しています。

それは保護犬、保護猫がいない世界、そんな言葉すら存在しない世界です。

もちろんそれは実現しない世界だとわかっています。

もし、殺処分がなくなったとしても、やむを得ない事情で飼育困難になり、保護譲渡が必要になる犬や猫たちは存在し続けるだろうし、野良猫たちを完全に無くす事も出来ないから、野良猫の保護譲渡はあり続ける事でしょう。

それでも目指すのは「悲しむ命ゼロ」の世界。

今動物愛護の世界の一部では保護動物が存在する現状を当たり前にしようとする動きがあります。

生体販売の規制に対しては物言わず、保護譲渡の促進のみが犬と猫を幸せにする方法だとする人々です。

野犬や野良猫たちの数を減らす本質的な対策よりも、シェルターの増設、拡大ばかりを訴える人々です。

保護譲渡を永遠に続けたい人々が一部存在するのは事実です。

明らかな保護ビジネス、保護動物がいなくなれば崩壊してしまうビジネスモデルの保護団体も存在します。

保護活動は必要です。

殺処分がない世界でも必要です。

保護活動を否定などしません。

ただ、その活動が目指す世界が保護動物がいない世界でないのであれば、HUGはそれを否定するのです。