· 

あなたに出来る事

動物愛護の世界を知ったばかりの人が、苦しんでいる犬や猫たちの為に何かしたいけど、保護する事も、里親になる事も出来ないし、自分に何が出来るのだろう?
たまに保護団体へ寄付する事「ぐらい」しか出来ないし、と云う言葉もよく聞きます。

でも、それは間違いです。

誰にでも、どんな人にも、どんな状況だろうと、動物たちの為に出来る事は必ずあります。

今の動物愛護の主流が「保護活動」になっていて、動物愛護情報サイトでも、「動物たちの為にあなたに出来る事」と云うタイトルで保護団体への寄付を謳う投稿ばかりなので、そう思うのは仕方がないのかも知れませんが、冷静に考えれば犬と猫たちを取り巻く問題のうち、「保護活動」で解決出来る問題はその一部にしか過ぎません。

法改正、飼い主や飼い主になろうとする人々への啓発、子どもたちへの教育、行政と民間の連携の促進、動物たちの幸せの為に「保護」以外にやらなくてはいけない事はたくさんあります。

シェルターのお手伝いに行くのもいいでしょう。
でも、その敷居が高ければ、知り合いに動物たちの現状を伝えてみるのもいいでしょう。

議員の知り合いがいたら、相談してみるのもいいし、啓発の為の絵本を作ったり、曲を作ってみてもいいでしょう。

町内会で飼い主の会を作る事も、ドッグランの建設も、子どもたちに他者への思い遣りを教える事も動物愛護です。

ペットと暮らしているのならば、自分のペットともう一度きちんと向き合う事が動物愛護の始まりです。

悲しむ命たちの為にあなたに出来る事は本当にたくさんあります。

何も出来ないなど嘆かないでください。
みんなが出来る事をやらなければ、悲しむ命は無くならないのです。

「一つひとつは小さな行為でも、それが何十、何百倍にもふくれ上がって大きな数になったとき、巨大な力になる。まずは、私たちのなかに秘められている可能性の大きさに注目しましょう。変化や転換は、まず私たちの心のなかに起こるものですから」
(環境活動家 ヴァンダナ・シヴァ)