· 

蛇口?

よくペットショップが殺処分の「蛇口」と言われる事があります。
確かに「抱っこ商法」とも言われる無責任なペットビジネスのあり方は殺処分の一つの要因となっているのは否めません。
でも私たちHUGはペットビジネスを殺処分の「蛇口」として考えるべきではないと思っています。

その理由は、先ず、「飼い主となろうとする人々」が犬や猫たちと暮らす事の責任など考えもせず、まるでコンビニで商品を買うかの様に犬や猫たちを買う事、その意識が本当の「蛇口」であり、その無知な消費者とペット業界との「需要と供給」の関係があるからこそ、酷いビジネスモデルが今も平然と行われているに過ぎないからです。

またHUGが危惧しているのはペットショップを殺処分の「蛇口」として語る事が結果的に今の業界のビジネスモデルを温存してしまう事に繋がりはしないかと云う事です。

つまり、今の業界のあり方を殺処分の「蛇口」として語る事で、もし殺処分ゼロが全国で達成された時に、生体小売業の規制を求める声が小さくなりはしないかと云う事です。

今殺処分ゼロを求める動物愛護の声が一般の人々まで広がっていて、それに伴い余りにも酷いペット業界のあり方に批判が出始めています。

でも、ある意味今は動物愛護ブーム、殺処分ゼロブームの様なものだと思っています。
未だ殺処分ゼロイコール犬と猫たちの幸せの実現と思っている人々がたくさんいる事がその証拠です。

そんな状況でゼロが実現されれば一般の多くの人々の生体小売業の規制を求める声が小さくなりはしないかと危惧しています。

だから私たちHUGはペットビジネスを殺処分の「蛇口」として考えるべきではないと思っているのです。

パピーミルや、流通のあり方、無責任な販売方法、その全てに於いてペット業界は殺処分と無関係に変わるべきなのです。

殺処分の「蛇口」としてではなくペット業界のあり方自体が変わるべきなのです。

そしてそれは動物愛護の問題と云うだけではなく、コンビニの大量破棄問題や、ファストファッションの裏で苦しむ第三世界の人たちの問題と同じく、大量消費社会と云う私たちの社会のあり方自体を見直す事なのではないかと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外