· 

ペット防災

最近はペット防災に対する意識が少しずつですが上がって来てる様に感じます。
ペット災害危機管理士と云う資格も作られていて、多くの人たちがペット防災についての知識を学んでいます。
SNSの動物愛護の情報サイトでもペット防災を取り上げる機会が増えています。

災害大国である私たちの国では飼い主の備え次第でペットだけではなく、飼い主自身の避難生活も大きく変わります。

ただ、今のペット防災は「災害に対する特別な備え」と云う視点に偏り過ぎている感があります。

もちろん社会化、しつけ、フード、水等を災害時の為にしっかり準備しておく事は大切な事ですが、一番のペット防災対策は飼い主の日頃からの心構えです。

飼い主がペットを本当の家族として扱う事。

それはもちろんしつけもそうだし、定期的に病院に通う事もだし、身だしなみをきちんとさせておく事もです。

本当に家族ならそうする筈ですよね?

また、飼い主とペットが共に地域社会の一員となる事。

それは飼い主が日頃からマナーを守り、地域社会への配慮をしておく事。
お散歩の時に挨拶を交わす事も大切な事なんです。

そんな日頃からの飼い主のペットとの向き合い方や、地域社会との関わり方が災害時にペットも飼い主も護る事に繋がるんです。

熊本地震で被災した飼い主さんが僕に言いました。
 
「俺、地震が起きるまではペットと暮らす事がこんなに大変だと思わんかったよ」

そうなんです。

ペットと暮らす事は災害時だけではなく、普段からも大変な事なんです。

だからこそ、彼らは私たちになにものにも代えがたい喜びや幸せを与えてくれるのです。

「ペット防災」の基本。

それは飼い主がペットと暮らす事ときちんと向き合う事なんです。

それは、災害時に対する「特別な備え」ではありません。

そしてそれは悲しむ命を無くす事にも繋がる事なんです。