ペット防災コラム 1

 

【同行避難】

 

ペット防災。

私たちが暮らすこの国では毎年の様に大きな災害が起きています。

そして災害が起きる度にペットと暮らす人たちとそのペットたちは大きな混乱の中で苦しんでいます。

 

一般社団法人HUGは熊本地震で長期間に渡り被災者支援を行い、災害時の人とペットの同行避難の検証を行いました。

その経験に基づき全国で飼い主向け、自治体向けにペット防災セミナーを開催しています。

 

現在ペットを飼育している人たちは3世帯に1世帯あるとの調査結果もあり、災害時のペットの問題は即ち被災者全体との問題とも言えます。

 

 

今回シリーズでは様々な角度から災害に備えたペット防災の必要性とその具体策についてお話します。

 

《同行避難》

先ずは同行避難と云う言葉についてです。
同行避難とは災害時に飼い主とペットが一緒に避難行動を取る事です。
災害時のペット同行避難は国が推奨しています。

 

その理由には動物愛護的観点も含まれていますが、基本としては飼い主自身の安全確保と放浪動物防止が大きな理由となっています。

 

これは東日本の震災でペットを自宅に置いたまま避難した人たちが自宅にペットを迎えに行った際に二次被害に遭ったケースが起きた事、また災害時に迷子になったペットたちが繁殖してしまい、それが地域の生活環境悪化の要因ともなってしまったからです。

 

また私たちがしっかりと認識しておかなければいけないのは同行避難とは「災害時に飼い主とペットが共に避難行動を取る」事であって、避難所の中に一緒に入れる事とは違うと云う事です。

 

熊本地震でも最初から避難所内へのペットの立ち入りを禁止していた自治体もありました。

国が同行避難を推奨しているから避難所でペットと一緒に暮らせるとは限りません。飼い主として最初にやれる事は災害時のペット同行避難のルールを知る事です。

 

それは環境省のホームページに「人とペットの災害対策ガイドライン」として掲載されています。只でさえ混乱する災害時、ルールを知らなければ困るのはペットだけではなく、飼い主自身です。先ずは災害時のペット同行避難のルールを知る事から始めましょう。

 

一般社団法人代表理事 冨士岡 剛


ペット防災コラム 2 

《 飼い主の備え 1 》

ペット防災の基本は「飼い主の自己責任」です。

これは前回述べた国のガイドラインにも明記されています。

そもそもペットの問題だけではなく、災害時は「自助」が基本とされています。

 

ペットを飼育している人はそうではない人と比べて災害時の負担が増える訳ですから、より多くの備えが必要なのは当然の事です。

では、災害に備えて飼い主が普段からやっておくべき事とは何でしょうか?

災害に対する備えのスタート地点はペットとは無関係な事です。

スタート地点は飼い主が自分自身の身を守る事です。

飼い主が無事でなければ、大切な家族であるペットを守る事は出来ません。

地震に備える事を考えれば自宅の耐震補強もペット防災の一つと考えていいでしょう。

 

近年増加している豪雨災害や台風に対しての備えとしては「とにかく早めに避難する事」です。

以前熊本で豪雨避難情報が出された際に指定避難所へ避難した住民は対象の0.1%にしか過ぎませんでした。

避難しなかった理由を調査すると「以前被害が無かったから」がその半数以上を占めていました。

私たちはもう知っている筈です、災害は突然起きます。熊本地震も、昨年の西日本豪雨災害も、北海道地震も、それまで全く予想されていませんでした。今私たちが暮らしている国では、過去に被害が無かった地域で災害起きています。「以前被害が無かったから」など何の根拠にもなりません。地域のハザードマップの確認、情報収集、避難所へのルートの確認。そして何よりも早めの避難行動です。

 

ペット防災の基本である飼い主の備え、その一つ目は飼い主が災害から自分自身の身を守る事です。飼い主自身が日頃から防災意識を高め、自分の身を守る事がペット防災の最初の一歩です。ペット防災のスタート地点はペットとは無関係な事なのです。

あなたが無事でなくては大切な家族を守る事など出来ません。

 

一般社団法人HUG代表理事 冨士岡 剛


ペット防災コラム 3

《 飼い主の備え 2》

災害を想定して平常時から飼い主が準備しておく「物」はたくさんあります。

先ずはフードや水です。被災地では交通網の寸断により暫くの間物流がストップしてしまいます。支援物資が届く迄の間は備蓄しておいたフードと水でしのぐ必要があります。


熊本地震では3日もせずに全国からフードや水等の支援物資が届きましたが、最低でも10日間程のフードと水の備蓄は必要でしょう。

支援物資の中にいつも食べている種類のフードがない事を想定すれば、普段から複数の種類のフードを食べさせておく事も災害への備えの一つです。

 

持病があるペットの場合は薬や療法食を保管しておく事は必須となります。かかりつけの獣医師の先生と災害時の備えとしてしっかり話し合っておく必要があります。

 

避難行動を取る際、また避難所でも、キャリーケース、クレートが必要となる場合があるのでその準備が必要です。もちろん普段からキャリーケースやクレートに入る事を慣れさせておく事も必要です。トレーニングする場合は無理矢理押し込む様なやり方ではなく、キャリーケースやクレートに入ると良い事が起きるんだと意識付けしておきましょう。先ずは顔だけ、前足だけ、腹部まで、後ろ足とご褒美をクレートの中に投げ入れる形で慣らしましょう。

キャリーケースや、クレートの中に大好きなタオルやベッドを入れてそこが居やすい場所にしてあげてください。

 

また、新品のリードや首輪をワンセット用意しておきましょう。
災害時に古くなったリードや首輪がちぎれてしまえば新しいリードや首輪を手に入れる事が困難になる場合もあります。そしてそれが迷子や脱走に繋がる恐れもあります。「リードが古くなったから買い換えないと」そう思っていても、仕事や家事が忙しくてなかなか買いに行けずに後回しになった経験はありませんか?

 

災害はいつ起きるかわかりません。


リードや首輪をワンセット余分に常備しておく事も災害への備えです。

災害が起きる時間帯によっては飼い主が自宅に不在のケースも考えられます。

ペットを飼育している事を周りに知らせる為の「ペット表札」があれば取り残されたペットの救護に役立つ可能性もあります。

災害時に一時的にペットを預けるケースを考えればペットの健康状態やワクチン接種の履歴、その子の性格等を記入したファイルを作っておく必要もあります。
普段どんな食事を、どのくらいの量、何時に食べているのか?お散歩の時間は一日何回で、一回何分なのか?他の犬や猫との相性は?飼い主以外の人に対してはどんな反応なのか?
ペットの健康状態だけではなく、性質や普段の生活環境をファイルにして可視化しておく事は災害時にどこかに預けざるを得ない場合に役立つのは勿論の事、飼い主が普段何気なくやっている事を見直すきっかけにもなると思います。

 

この様に災害に備えて飼い主が普段からやっておかなければならない事はたくさんあります。しかし、これはペット防災の本質ではありません。

 

一般社団法人HUG代表理事 冨士岡 剛


ペット防災コラム 4

《避難所では》

災害時には避難所で暮らさなくてはならない状況になる事があります。

その際に飼い主が気を付けなければいけない事についてお話します。

 

前提として、飼い主が理解しておかなければいけないのは避難所にペットを連れて行けても、ペットが必ずしも避難所の中に入る事が出来る訳ではないと云う事です。

 

自治体、また避難所によってはペットは屋外に置いておかなければいけないケースもあります。
実際に熊本地震、西日本豪雨災害では最初からペットの避難所内への立ち入りを禁止していた避難所もありました。もし、避難所の中にペットが入れたとしても飼い主には様々な事が求められます。

先ずはペットの所有者明示です。
これは避難所内に入れる、入れない関係なく行うべき事です。その子は誰のペットであるのかを避難所運営者のみならず、避難所にいる人たち全てにわかる様に明示して責任の所在が誰にあるのかを知らせる必要があります。その為には鑑札やマイクロチップだけではなく、誰にでもわかる「迷子札」の装着が必要です。

 

次に避難所での同行避難を成功させる為にはペットと同行避難した飼い主とそれ以外の人たちとのスペース分離が必要です。避難所の規模にもよりますが、スペース分離出来れば避難所内での同行避難が長期間可能となる場合もあります。実際に熊本地震では約4カ月避難所の中で暮らす事が出来た飼い主とペットがいました。飼い主の側が積極的にスペース分離を行ってください。

スペース分離と共に、避難所にペットと同行避難した飼い主の皆さんで「飼い主の会」を作ってください。飼い主が「自主的」に作る事が理想です。「飼い主の会」を作り、責任者や担当を決めてください。

責任者が避難所運営者と連携し、避難所の方針を飼い主全体に周知し、飼い主側の情報や要望を避難所側に伝える事が可能となります。

でも、一番大切な事は「飼い主の会」を作る事で避難所にいる飼い主全体のマナー向上を図る事と、他の被災者への配慮を怠らない様にする事です。

 

当たり前ですが、マナーも守らず、他の被災者への配慮も行わなければ、飼い主が避難所側に支援を求めたりは出来ません。

避難所にいる被災者の皆さんは大きなストレス下にあります。

そんな状況でペットの飼い主がマナーを守らなかったり、他の人たちへの配慮を怠れば、例えそれがたった一人の飼い主であっても飼い主全体が困る事になり、最終的に困るのはペットたちになるのです。避難所では飼い主全員で「飼い主の会」を作り、飼い主全員でマナーを守り、飼い主全員でしっかりとした配慮をする事が大切です。それが大切なペットたちを守る事になるのです。

 

一般社団法人HUG代表理事 冨士岡 剛


ペット防災コラム 5

 

《離れても家族》

災害時のペット同行避難についての話をすると「家族だから災害が起きても絶対にペットと一緒にいる」「避難所に行けないなら野宿してでも愛犬と一緒にいる」そう言う人たちもいます。

気持ちはわかりますが愛するペットたちにとって本当にそれが最善の選択であるのかを冷静に考えて欲しいと思います。

 

避難所へ行けなければ「物資」や「情報」等の災害時に必要なものを得る事が遅れてしまいます。自宅避難も選択肢の一つですが、相当な準備がなければ二次災害での命の危険もあります。

 

「家族だから絶対に離れない」それは大災害の経験がないから言える事です。「避難所に行けないなら野宿してでも愛犬と一緒にいる」そうするつもりならしっかりとした備えが必要なのです。

 

熊本地震の現実。

それは「ペットを愛するが故に、そのペットが災害からの復興の足枷になる」と云う事でした。

 

災害時には被災者である飼い主が一日でも早く元の暮らしを取り戻す為に愛するペットと一時的に離れて暮らす選択肢を持っておくべきです。信頼出来る預け先、それはいぬ友、ねこ友、動物病院、親類、、、普段からのコミュニケーションが大切です。

 

ペット防災の基本ですが、普段からの飼い主の行動が災害時に愛するペットを守るのです。

※災害時に動物愛護団体に預ける場合はしっかりと団体を見極める事が重要です。熊本地震でも、他の災害でも様々なトラブルが起きています。

 

一般社団法人HUG代表理事 冨士岡 剛