ペット防災 · 2018/02/21
熊本市東区の避難所となった中学校。 校内には大型犬、中型犬の姿はなく、室内犬が数頭と猫三頭が三段ゲージに入れられて教室にいました。 震源地益城町よりも避難者の数は少なかったので同行避難して来たペットも少なかったのでしょう。 猫の三段ゲージは結構場所を取ります。 廊下の端で、被災者が暮らしていた教室の入り口付近に置かれていました。...

ペット防災 · 2018/02/17
熊本地震の際熊本ではいくつかの被災ペットの一時預かりが行われました。 獣医師会、自治体、民間愛護団体。 大分の獣医師会による預かり施設は良い環境ではあったが、距離的問題は課題として残った。 動物病院の同行避難支援。 民間団体による預かり。 でも、中にはノーリードで犬を放す飼い主を指導しなかった団体があった。...

ネコが好き。 陽だまりでうたた寝する柔らかな吐息。 何があったか知らないが急に走り回る真剣な表情。 ちょっとした物音にビビッて下がる耳。 身を摺り寄せ、絡ませるしっぽ。 全部好き。 ネコが大好き。 全てのネコたちが大好き。 本当に愛おしい存在。 美しいネコたち。 心が穏やかになります。...

ペット防災 · 2018/01/27
災害時益城町の被災ペット預かり施設では一頭一頭に個別ファイルがありました。 普段どんな食事を一日何回、何時に食べていたのか? 薬は飲んでいるのか? お散歩の時間帯と所要時間は? 性格は?他の犬や猫との関係性は?社交性は? ファイルには飼い主さんとの交換日記的な役割もあって、一日の出来事をスタッフと飼い主さんが書き込んでいました。...

悲しむ命ゼロ · 2018/01/24
悲しむ命ゼロの為には不妊手術はマストです。 全国で多頭飼育崩壊が次々と起きています。 保護団体もいっぱいいっぱい。 保護が追い付いていないからこそ寄付を募ってまで頑張っているんです。 現状を考えれば保護した犬と猫を譲渡する際は不妊去勢手術は必須事項です。...

災害時の避難所では「人も動物も同じ命だろ!!」 そんな言葉は言えません。 さすがに熊本地震の現場でもそんなセリフを聞く機会はありませんでした。 災害時の現場でそんな事を言っても犬や猫たちが救われる事などなく、逆に犬や猫たちを追い込む事にしかなりません。...

HUGには汚い言葉は使ってはダメってルールがあります。 動物愛護のSNSでは虐待や無責任な飼育放棄の記事を投稿すると「同じ目に合わせてやる」「死ね」「地獄に落ちろ」 そんなコメントが入ります。 気持ちはわからないでもないし、虐待事件等では自分もそんな気持ちになって怒りに震える時も確かにあります。...

HUGは一般社団法人です。 法人にしたのはHUGの活動が行政や他団体と連係する活動が多いからです。 熊本地震の際に環境省、熊本県、獣医師会、愛護団体と連係していて、個人ボランティアでは難しい所が多々あったので法人格を取得しました。 法人と言っても、HUGは個人の有志の集まりです。...

悲しむ命ゼロ · 2018/01/13
もしかしたら殺処分ゼロだけを実現するのであれば「啓発活動」は必要ないのかもしれません。 処分対象の犬と猫たちを保護してシェルターに収容し続ければゼロは達成出来るのですから。 現実的ではありませんが、譲渡が保護に追いつけばそのやり方でゼロは維持出来るでしょう。...

悲しむ命ゼロ · 2018/01/10
よく動物愛護団体を見極めるのに収支報告をきちんとやっている事が挙げられます。 それは確かにそうでしょう。 HUGもきちんと専門家に会計をお願いしています。 (小さな団体で資金もないので申し訳ないけど) それも大事ですが、HUGが考える見極め方は少し違います。 それはその団体が「生体小売業の規制」を謳っているか?積極的にそれを目指しているかです。...

さらに表示する